FC2ブログ

月下美人

詩や小説を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第4話 「シオン救出作戦」 #5

シオンは傷の手当てのため、医務室に向かう。残りのルーキーズ全員で捜査課の部屋に入り、課長にシオンを救出したことを伝えに行く。

課長 「あなたたち何を考えてるの!?危険すぎるでしょ!!今回はシオンがアジトに居なかったのが幸いね。」

ジュリアナ 「確かに少し無茶だったけど、結果オーライよ!!でしょ?」

課長 「もう…のん気なんだから。敵の能力も人数もわからないまま行くなんて…今、無事でいるのはただ運が良かっただけ。これからは無断で行動するのはやめてちょうだい。」

ジュリアナ 「…でも、上手く言ったでしょ?私たちって最強かもね♪」

課長 「もう、ジュリアナったら…ホントに危険なのよ?あなた達にもしものことがあったらって考えると、心配でならないわ。」

ジュリアナ 「…ごめんなさい。絶対反対されると思ったからついね。でも、スパイを忍ばせてるなら教えといてよね。」

課長 「えっ?何の事?スパイ?そんな話聞いたことないけど…」

ジュリアナ 「えっ?じゃあ…誰なの?マリアって…」

フローラ 「やっぱりね。おかしいと思ってたのよ。」

ミツキ 「フローラ?おかしいって何が?」

フローラ 「マリアがスパイって話よ。4年も追い続けてアジトの情報が全く分からなかったのよ?スパイを入れてるならもう少し早くにつきとめられたはずでしょ?マリアって女何かあるわね…」

ミツキ 「確かに…でも協会のスパイじゃないならシオンを何故助けたのだろう?」

ジュリアナ 「マリア…謎の女ね。」

課長 「待って。暗部のものが勝手に動いてるのかもしれないわ。少しこちらでも調べてみるわ。」

サヤカ 「暗部?」

ジュリアナ 「あんた暗部も知らないでよく魔道士になれたわね!暗部ってのはね、スパイ活動や捜査課よりも上級の任務をする部署よ。要するにエリート軍団ってこと。時には暗殺もする危険な奴らでもあるけどね。」

サヤカ 「へぇ~…やべぇ奴らって事か。」

フローラ 「簡単な頭ねぇ…まぁ、いいけど。暗部は優秀な選ばれた人しかなれないのよ。私にもいつか声がかかるから、今のうちから媚び売っててもいいわよ?」

サヤカ 「ホントかよ…どんだけ自信過剰なんだよ。」

フローラ 「まぁ、暗部になったらあんたたちの事無視するけどね。」

サヤカ 「何だよそれっ!意味ねぇーじゃん!!」

課長 「はい、今日はもう休みなさい。みんな無事でよかったわ。」

ジュリアナ 「じゃあ、お休み~ママ♪」

課長 「ええ、おやすみなさい。」

シオンの無事にホッとして、皆それぞれの部屋に戻っていく。
スポンサーサイト

第4話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<心の距離が縮まらない | ホーム | 第4話 「シオン救出作戦」 #4>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。