月下美人

詩や小説を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

時の結晶

君に必要なものが僕じゃないと気づいたから
夢を追うあなたを 応援すると決めたんだ
それが君にはいいのだと分かったから
君の背中を見送った

与え合った君との時間が
虚像じゃないと誰か僕に囁いて
愛の雫が時の結晶に変わるまで

君に必要なものが僕じゃないと気づいたから
去って行くあなたを 引き止められなかった
これが最後だと知っていたから
君を心に焼き付ける

愛し合った君との時間が
幻じゃないと誰か僕に囁いて
涙の雫が時の結晶に変わるまで
スポンサーサイト

FLORA | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<愚か者 | ホーム | エスプレッソとクロワッサン>>

コメント

「時の結晶」美しいタイトルですね。
でも内容はとても切ないです。
自分が大切な人にとって必要じゃなかったら辛いですよね。
でもこの詩をうたう人はその人のために応援すると決めて追わなかったんですね。
なんだか短い小説のような詩でした。
2013-05-21 Tue 00:21 | URL | 蓮野宵都 [ 編集 ]
切なさが伝わって良かったです。(#^.^#)
『時の結晶』という言葉、自分でも結構気に入っています。(^^)
この詩は、実は自作小説のシーンを詩にしたものなんです。(^_^;)
ストーリー性を感じていただけて嬉しいです♪
2013-05-21 Tue 10:20 | URL | misako [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。