FC2ブログ

月下美人

詩や小説を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夢のキャンバス

薄いピンクの屋根の家 彼女はひとり暮らしてる
風吹く白いテラスには 白いイスと白いテーブル
床に散らばる色とりどりの絵の具
薄いピンクの水入れに 使い古された数々の筆
彼女は白いキャンバスにいつも夢を描いてた

彼女の描いた夢の中 僕はいつも旅をした
風を感じ 音を聞き 季節を知った
どこへでもつれて行ってくれる
彼女の絵が僕は何より好きだった
彼女の夢のキャンバスは 次はどこへ行くのだろう

薄いピンクの屋根の家 彼女はここにはもういない
彼女がいなくなってから 少し寂れたテラスには
白いイスと白いテーブル 寂しそうに置かれてる

瞳を閉じれば蘇る あの懐かしい後ろ姿
今もどこかで夢を描き 多くの人が旅をする
彼女の夢のキャンバスは 今はどこにいるのだろう
スポンサーサイト

OLIVE | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<My Road | ホーム | 永久の証>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。