FC2ブログ

月下美人

詩や小説を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第1話 「魔道士」 #5

ミツキ 「エリーゼ、お疲れ。久しぶりに演習も楽しかったよな。」

エリーゼ 「ええ。学生時代を思い出したわ。よく授業で演習したわよね。学生時代から3班はホントに手ごわかったわ。3班には物足りないのかも知れないけど、私たちにはいい相手よね。」

ミツキ 「ああ。流石だよな。一人一人が弱点を補い合っているし、何と言ったってチームワークがいい。」

エリーゼ 「そうね。私たちも見習わなくちゃね。」

シオン 「3班を見習えってのか?絶対やだね!あいつら上から目線で調子こいてるだけだろ。」

ミツキ 「上から目線は今どうだっていいだろ。見習うべきところはチームワークだよ。」

シオン 「…フン。勝手にしろ!ただし、今日の失敗はミツキの作戦ミスだからな!俺が偵察してたら勝てた。」

エリーゼ 「まだ、そんなこと言ってるの?フローラの言う通りよ、シオンが行ってたら罠に引っかかってたわよ!」

と苛立ちをつのらせる。シオンは眉間にシワを寄せエリーゼを睨みつける。

シオン 「はぁ?」

ミツキ 「…いいんだ、エリーゼ。ありがとう。確かに今回、作戦が失敗したのは事実。シオンが皆の近くにいた方が、危険を察知しやすいと思ったけど…やっぱりシオンが言うように、シオンが行った方が安全だったのかも知れないな。」

エリーゼ 「…ミツキ…。」

シオン 「…もういい、何かめんどくせぇ…。俺は疲れたから先に部屋帰る…。」

マリー 「そうね。私も疲れたから帰るわ。お疲れ。」

そう言って二人は部屋に戻って行った。

ミツキ 「…エリーゼ、いつもありがとう。」

エリーゼ 「いいのよ。今回の失敗をミツキだけのせいにしようとするのが許せなかったの。だってそうでしょ?みんなで話し合って実行した作戦なのにおかしいわよ。」

ミツキ 「2班がいいチームワークになるのは時間がかかりそうだな…。」

エリーゼ 「ええ…そうね。」

(ピピピピッ…)エリーゼとミツキの携帯が同時になる。

ミツキ 「緊急呼び出し…エリーゼ!」

エリーゼ 「ええ。課長のところへ急ぎましょ!」

ふたりは顔を見合わせ頷くと同時に走り出す。ミツキは捜査課の扉を勢いよく開ける。

ミツキ 「課長!何かあったのですか?」

課長 「あら、早かったのね。詳しいことは皆が集まってから話すけど、ついに“ゼウス”が動き出したわ。」

ミツキ 「ゼウス…」

ふたりは顔を見合わせ凍りつく。
スポンサーサイト

第1話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<心なき者たちへ | ホーム | 第1話 「魔道士」 #4>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。