月下美人

詩や小説を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第7話 「それぞれの戦い」 #7

「突風!」

凄まじい風でブレンダたちが吹き飛ぶ。

エリーゼ 「ジュリアナたちに触らないで!」

ミツキ 「3班が敵わないなんて…」

マリー 「ジュリアナ!!」

マリーが駆け寄る。エリーゼとミツキも3班のもとへと行き、敵の前に立ちはだかる。

ブレンダ 「次から次へと…なんて協力的なのかしら」

マリー 「どうしよう…ジュリアナ…しっかりして!」

ミツキ 「フローラ!フローラ!!…これは毒?…毒を飲んでる…」

ブレンダ 「そう…私の水には毒を溶かしてあるの」

ミツキ 《まずい…このままじゃ…》

ルーク 「ブレンダ、今度はボクがやるよ」

ブレンダ 「じゃあ、私は休憩でもしておこうかしら」

ショウ 「………」

3班の様子に動揺するミツキ、マリー、エリーゼを見つめるショウ。ショウは剣を構える。

ショウ 「…行け」

エリーゼ 「えっ?」

ショウ 「ここは俺が引き受ける!だから行け!何とかして3人で4人を連れて行くんだ!」

エリーゼ 「で、でも、ショウは!?ひとり置いてなんて行けないわ!」

ショウ 「4人を見殺しにするつもりか!?今ならまだ間に合う、だから行け!こいつらを捕まえるのは無理だ。俺も少しの間足止めしたらすぐに追いつく!急げ!!」

ミツキ 「……エリーゼ行こう。…ショウ必ず追いついて来てくれ」

ショウ 「ああ、約束だ。…いっけぇーー!!かまいたちっ!!」

ショウの魔法にブレンダたちが一瞬怯んだ隙に、ミツキ達は3班を連れて一斉に走り出す。

ブレンダ 「…やってくれたわね」

ショウ 「それはこっちのセリフだよ。よくも3班をやってくれたな…」
スポンサーサイト

第7話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<天使の微笑み | ホーム | 第7話 「それぞれの戦い」 #6>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。