月下美人

詩や小説を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

深紅の雨

あの人を亡くした日から 俺はいつも独りだった
誰よりも優しく 俺を愛し 俺が愛した人
あの人の悲鳴が今でも時折聞こえてくる
目に焼き付いて離れない 深紅の世界
あの人の悲鳴は雨にとけ 激しい雨音だけが鳴り響く

あの人を亡くした日から 俺の心に空いた穴
眠れない日々 かれてしまった涙
あの日から全てが変わった
力を求め 強さを求め 大切なものを護るため
あの人の悲鳴が止むように 深紅の雨が止むように
スポンサーサイト

COLORS | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<夢のかけら | ホーム | おまえの言葉>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-10 Fri 09:51 | | [ 編集 ]
この詩は母を目の前で失ってしまった子を主人公に考えたものです。
悲しい事ですが…この世界では今もどこかで起きているんですよね…

リンクありがとうございます。とても嬉しいです♪(#^.^#)
2014-01-10 Fri 11:11 | URL | misako [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。