FC2ブログ

月下美人

詩や小説を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第6話 「witches」 #5

フローラ 「チャールズからだわ!」

一同フローラに注目する。

フローラ 「…はい」

チャールズ 「フローラ。俺だ、チャールズだ。俺は無事だ。今ウィッチーズとか言う組織のアジト近くにいる。ウィッチーズには、マリアとシオンを殺したルーク、それからブレンダという奴がいるらしい。これからそいつらを捕まえたいと思ってる。場所を伝えるから皆を連れて来てくれないか」

フローラ 「無事だったのね、でもどういう事?何でアジトにいるわけ?」

チャールズ 「今は詳しく話してる時間がない。誘拐されたが暗部に助けられたとだけ言っておく。とにかく急いで来てくれ、俺も長くは隠れていられない」

フローラ 「シオンは?シオンは居たの?」

チャールズ 「いや、アジト内を探し回る余裕はなかった。だがルークがここに居ることだけは分かってる。シオンは何処か直接聞くしかないだろうな」

フローラ 「…そうね。わかったわ。すぐに向かうわ」

ジュリアナ 「チャールズなんだって?」

ジュディ 「無事なの?ケガは?」

フローラ 「大丈夫よ。今、アジトの前だって。ルークとマリアを見つけたからみんなで来て欲しいって」

サヤカ 「はぁ?何で独りでそんなとこに?」

フローラ 「…捕まってアジトに連れて来られたけど、組織に入り込んでた暗部の人に助けられたんですって」

ジュリアナ 「…また暗部ね。仕方ないわね、みんな行くわよ準備して!」

皆ソファから立ち上がり各々の部屋に帰り準備を始める。
スポンサーサイト

第6話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Forest | ホーム | 第6話 「Witches」 #4>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。