月下美人

詩や小説を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第5話 「死の手紙」 #8

シオンが消えて数日が経った深夜。ルーキーズはロビーに集まりシオン救出の作戦をたてていた。

ジュリアナ 「そろそろ、少し休憩しましょ。」

エリーゼ 「そうね、何か作って来るわ。」

サヤカ 「やったぁー!エリーゼの手料理食べれんの!?」

ミツキ 「あっ、俺も手伝うよ。」

席を立つもの、その場で背伸びするもの、それぞれ休憩する。

チャールズ 「フローラ、自販機に行くが何かいるか?」

フローラ 「じゃあ、ブラックコーヒーお願い。」

チャールズ 「わかった。」

チャールズは一階の食堂へ行く。自販機の前に立ちコーヒーを買い、自分の飲み物を選んでいる。

「私を探すのはもうやめたみたいね。」

自販機の影から姿を現したのは、行方をくらましたマリアだった。

チャールズ 「おまえは…マリアか?なぜ、ここに…ここは魔道士以外入れないはずだ。」

マリア 「そうね。でも、方法はいくらでもあるのよ。」

チャールズは動揺する心を落ち着かせ、距離をとろうと少しずつ後ろへ下がる。

チャールズ 「何をしに来た。」

マリア 「あなたに用があったのよ。」

チャールズ 「…俺に?」

マリア 「あなたは優秀な魔道士でしょ。あなたの力が必要なの。」

チャールズ 「…どういうことだ?俺を勧誘しているのか?」

マリア 「いいえ、違うわ。あなたの同意なんて必要ない。だって…」

そう言ったマリアは距離を一気につめ、チャールズの腹を殴る。チャールズは反撃する間もなく、気を失い床に倒れ込む。

マリア 「こうして、無理矢理連れて行くもの…」

マリアは気を失うチャールズを見下ろし微笑み、チャールズを抱え闇に消えていく。
スポンサーサイト

第5話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<続 愚か者 | ホーム | 第5話 「死の手紙」 #7>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。