月下美人

詩や小説を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第5話 「死の手紙」 #1

シオンが無事に戻った翌日。会議室に集まる捜査員達。

課長 「ついにゼウスのアジトをつきとめたわ。」

フローラ 「私たちのおかげね♪感謝しなさ~い♪」

ルーキーズが座る席の方を、他の捜査員たちが睨みつける。

エリーゼ 「やだぁ…もう、フローラったら…みんながすっごい睨んでる…」

ミツキ 「ふふっ…フローラらしい。この緊張感でなかなか言えないよな。」

エリーゼ 「感心してる場合じゃないわよ?冗談通じてないもの。本気で怒ってる目よ。私達まで睨まれてるし…」

ルーキーズを睨みながらコソコソと話している男が二人。

先輩捜査員・男A 「何だよ、あいつら…新人のくせに調子乗ってるよな。」

先輩捜査員・男B 「あいつらの中には課長の息子に、この協会に莫大な寄付をしてるって人の娘もいる。しかも、西魔道士協会長の息子までいるんだ。何しても許される、得な奴らなんだよ。」

先輩捜査員・男A 「ジュリアナに、マリーに、シオンだろ。でも、あいつらよりあのフローラとかいう奴が一番調子のってんだよ。何の後ろ盾もねぇくせに偉そうにしやがって…」

先輩捜査員・男B 「確かにな…でも、あいつには関わんねぇ方がいい。ジュリアナと仲いいってのもあるけど、あいつに口ゲンカ仕掛けても勝ち目はねぇよ。腹立つだけだ。」

課長 「もう、フローラ。これはみんなの努力の結果よ。」

フローラ 「ちょっとオバン!それはないわよ。何甘やかしてんの?成長しないわよ?アジトを見つけたのは私たちのおかげよ!こいつら何もしてないじゃない。アホ面浮かべて寝てただけでしょ?それなのに協力した顔されてもねぇ…」

課長 「まぁ、そうね。確かにあなたたちのおかげね。でも、もういいかしら?捜査会議に入っても。」

フローラ 「そうね、いいわよ。はじめて!」

ジュリアナ 「なんで偉そうなのよ。」

フローラ 「だってオバンが私の号令が欲しそうだったから。」

ジュリアナ 「もう…でも面白いからグー♪」

課長は気を取り直し会議を進める。

スポンサーサイト
第5話 | コメント:4 | トラックバック:0 |

アゲハ蝶

美しく舞うアゲハ蝶 
銀の粉を振りまいて
美しく舞うアゲハ蝶 
追っても追っても 追いつかない
捕まえようと手を伸ばしても 
フワリ フワリ 身をかわし
美しく舞う いつまでも

MARIE | コメント:2 | トラックバック:0 |

Marie

Marie 誰もが君に恋をする
Marie 僕もそのひとりさ
Marie 君の隣に座りたい
Marie 君を愛してる

Marie 誰もが君に夢中になる
Marie 僕もそのひとりさ
Marie 君の瞳に映りたい
Marie 君に恋してる

Pretty Marie みんなの憧れ
Beautiful Marie みんなのアイドル
I love you 僕は心で叫ぶ
Me too… 君が言ってくれたら夢のよう

MARIE | コメント:0 | トラックバック:0 |

悪夢を見たら

あなたの腕に抱かれて 
私は今宵も夢の中

悪夢を見たら抱きしめて 
温かい腕でしっかりと
そしたらもう一度眠れそう

あなたの腕に抱かれて 
私は今宵も夢の中

悪夢を見たら抱き寄せて 
それからそっとキスをして
そしたらもう一度眠れそう

あなたの愛に包まれて 
私は今宵も夢の中

MARIE | コメント:0 | トラックバック:0 |

闇夜の月明り

闇夜を照らす月明り 暗い世界に光をそそぐ
光に魅せられた虫たちは 近づこうと飛びまわる
たどり着けるはずもないのに 
気がつかずに力尽きる

闇夜を照らす月明り 暗い世界に光をそそぐ
眺めていればいいものを 美しい光に惑わされ
たどり着く夢を追い求め 
今夜も月へと飛び立つ

自分ならたどり着けると思いを抱き
懲りもせずに月へと飛び立つ
そしてまた散ってゆく

MARIE | コメント:2 | トラックバック:0 |

LOVE

君の愛は全てを包む 僕の全てを受け入れる
愛されている幸せ 心から感じたよ
大きな愛で僕を包む 君が隣にいてほしい

僕の愛で君を包みたい 君の全てを愛したい
愛される幸せ 君にも届けたい
大きな愛で君を包む 僕はいつでも傍にいる

僕の愛は風にとけ 君は空へ羽ばたいた

MARIE | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。